血栓形成で応急処置が遅れると危険な高血圧に降圧治療

降圧治療は血圧が高い患者の治療において欠かせないものです。血圧が高くても異常な値にならない限りは自覚症状を感じないということが多いため、高血圧患者の多くはなぜ降圧治療を行わなければならないのかと疑問に思うことがよくあります。その目的は合併症の予防であり、最終的には心筋梗塞や脳卒中などのように応急処置が遅れると後遺症が残ってしまったり、ひどい場合には命を失ってしまったりする疾患につながっていくリスクがあるとわかっています。その経過についても医学的な研究が十分になされてきてよく理解されるようになっています。血圧が高い状態というのは血管にとっては大きなストレスがかかっている状態であり、その圧力に耐えていけるようにと身体が順応を起こしていきます。血管壁を厚くすることによって圧力に対抗できるようにするという身体の応答が起こりますが、血管壁が厚くなったことによってその柔軟性が失われることになります。また、血管壁が厚くなっても周囲に十分な空間がない場合には血管を狭くすることにつながってしまいます。こういった現象はより高い圧力を受けている動脈で起こりやすく、動脈硬化と呼ばれる疾患になります。そして、硬くて狭い血管ができることによって、血栓ができてしまいやすくなってしまいます。動脈硬化によってできる血栓が心臓への動脈や脳への動脈で起こると、それぞれ心筋梗塞、脳梗塞となり、心臓や脳に血液が行き届かなくなってしまうのです。その状態が心臓や脳は生命活動に不可欠なものであり、応急処置によって速やかに栄養や酸素が行き届くようにしなければ命のリスクを伴うようになってしまうということになります。こういった理由で高血圧には降圧治療が大切なのです。