降圧のためには、サウナを紹介されても断ること

血圧の高い人達は、降圧のためにサウナが良いと思っている場合があります。身体全体が温まることによって、リラックス効果が期待出来るため、肩こり等の症状が緩和され、血圧にも良いと思いやすくなります。
サウナには、様々な種類があります。乾式の場合には、室温が80℃から100℃くらいの高温になります。したがって、かなり高温の室内で過ごすことになります。
この高温であることは、サウナによって、血圧が急激に上昇してしまう現象を生みだすことになります。また、急激な血流の上昇が起こります。サウナの後には、よく冷水に入りますが、この冷水に入ることで血管が収縮し、血栓ができやすくなります。また、汗をかき、血液をドロドロにしてしまうので、脳梗塞や心筋梗塞の原因にもなります。
さらに、普段の生活をしている温度から、様々な温度変化を体験することで、血圧が急激に上昇したり、下降したりを繰り返すようになります。こういったことから、脈拍が早くなり、ヒートショックといわれる状態になります。サウナを出たあとに冷水を浴びることで、ヒートショックがさらに起こりやすくなります。
身体に様々な刺激を不自然に与えることになるため、血圧の高い人達は、サウナに多くの危険があることを覚えておくことが大切です。サウナを紹介されても、断ることが必要なこととなります。知らずに我慢をしていると、大きな事故に結びつくこともあります。
血圧の高い人達は、日頃から温度変化に対して、注意を払うことが必要です。家庭のお風呂に入る際にも、着替える部屋を暖めてから入るなど、急激な温度変化にならないように注意をします。高齢者なども、環境の変化に順応しにくくなるため、気をつけることが大切です。